2012年09月21日

民主党臨時党大会、始まる…代表選結果発表へ

民主党臨時党大会、始まる…代表選結果発表へ

読売新聞 9月21日(金)13時5分配信

 民主党の代表を決める臨時党大会が21日、東京都内のホテルで始まった。

 代表選には、野田佳彦首相(代表)、赤松広隆元農相、原口一博元総務相、鹿野道彦前農相の4氏が立候補。野田氏の再選が確実な情勢だ。

 臨時党大会では、4氏による決意表明の後、地方議員票と党員・サポーター票の開票結果が発表される。

 その後、国会議員などの投票が行われ、新代表が正式に決まる。


posted by キリン at 14:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

大津いじめ 担任もいじめ把握の文書 自殺6日前の暴行で

大津いじめ 担任もいじめ把握の文書 自殺6日前の暴行で

産経新聞 9月19日(水)13時48分配信

 大津市で市立中学2年の男子生徒=(13)=が自殺した問題で、担任教諭が自殺6日前の昨年10月5日に、校内のトイレで男子生徒がいじめていたとされる同級生の1人に暴行されているのを確認した際「いじめ的行為と把握していた」とする学校側の書類があることが19日、関係者への取材でわかった。担任がいじめを認めた資料が明らかになるのは初めて。

 両親がいじめが自殺の原因として市や加害側の同級生3人らに損害賠償を求めた訴訟で、18日に大津地裁で開かれた第3回口頭弁論で、市側が、滋賀県警が7月11日に学校や市教委を家宅捜索した際押収した資料のコピーなど22点を提出。書類はこの中にあった。

 書類は聞き取りした別の教諭とみられる2人の名前があり「担任教諭よりのききとりまとめ」と題されていた。「イジメ的行為はいつから把握していたのか」という質問に担任の回答として「(昨年)10月5日のトイレでのけんかのとき」と明記。さらに「イジメにつながる予見はいつから」との問いには、「9月の終わり頃」と書かれていた。

 書類には「1121」との数字があり、昨年11月21日に作成したとみられる。

 市教委や学校によると、昨年10月5日、男子生徒が同級生に暴行されていることを担任教諭が確認したが、複数の教諭が協議した結果、「けんか」と結論づけた。今月18日に、生徒指導教諭がこの暴行を「いじめ行為」と記載した書類が明らかになったが、校長は「けんか」との認識を変えていなかった。


posted by キリン at 14:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<兵庫いじめ自殺>「虫がおる」と泣き出す 夏に情緒不安定

<兵庫いじめ自殺>「虫がおる」と泣き出す 夏に情緒不安定

毎日新聞 9月19日(水)3時7分配信

 いじめを受けていた兵庫県川西市の県立高校2年の男子生徒(17)が自殺した問題で、男子生徒が夏ごろから情緒不安定になり、夜中に「虫がおる」と泣き出したり、登校を渋ったりしていたことが両親の話で分かった。男子生徒は同級生から「虫」と呼ばれ、椅子に蛾(が)を置かれるなどのいじめを受けており、母親は「今考えると、いじめで追い詰められていたのでは」と話した。学校側は6月にいじめをうかがわせる情報を得ながら対応しておらず、母親は「情報を教えてくれれば学校に行かせなかった」と悔やんだ。

 両親によると、8月中旬、夜中に寝ていた男子生徒が突然目を覚まし、布団をめくり、懐中電灯を持ち出して「ここにムカデみたいな虫がおる」と泣き出した。実際には虫はいなかった。梅雨時には、部屋に飛び込んできたカメムシを「はよ殺して」と叫んだ。高校に入るまで虫を怖がる様子はなかったため、母親は驚いた。

 夏休み前には弁当をほとんど食べずに帰った日もあった。男子生徒は昼食時、別の教室に行って友人と一緒に弁当を食べており、母親が理由を尋ねると「今のクラスになじめない」と答えたという。母親は「学校に行くように厳しく言ってしまった。今思えば学校をやめさせればよかった」と後悔している。

 一方、両親は18日、学校が2年生275人を対象に実施したアンケート結果や、職員会議の議事録など一連の文書開示を求め、県教委に請求書を郵送した。

 高校によるとアンケートは記述式で22人が「いじめ行為を見た」と回答。名前や筆跡で生徒が特定される恐れがあるとして、アンケートの回答用紙を読み上げて両親に伝え、書面は提供していない。父親は「包み隠さず説明してほしい」と訴えている。【高瀬浩平、藤顕一郎、宮武祐希】


posted by キリン at 08:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

自民が最多31%、維新16%…比例選投票先

自民が最多31%、維新16%…比例選投票先

読売新聞 9月17日(月)22時31分配信

 読売新聞社の全国世論調査で、次期衆院比例選で投票する政党を聞くと、自民党が最多の31%で、橋下徹大阪市長を代表とする新党「日本維新の会」が16%で続いた。

 民主党は14%で3番目だった。

 前回8月調査でも、トップの自民21%に、「大阪維新の会」16%、民主11%が続いていた。

 今回、自民は前回から10ポイントも上昇し、民主も3ポイント伸びた。「ダブル党首選」が注目を集めたためとみられる。維新は、前回の「大阪維新の会」と同じだった。

 衆院ブロック別(回答数の少ないブロックはまとめた)でみると、自民は全ブロックで最も多かった。

 維新は前回、地元の「近畿」では29%でトップだったが、今回は27%で、自民(29%)に次ぐ2番目だった。

 維新は「中国・四国」「九州」でも自民に次ぐ2番目だが、その他のブロックでは自民、民主に続く3番目だった。「北海道・東北」「北関東」「東京」「北陸信越・東海」「中国・四国」では自民の半分に届かなかった。全体的に、東日本よりも西日本で強い「西高東低」の傾向が表れている。

 無党派層では、維新22%がトップで、自民は20%、民主は7%だった。

 また、維新に「期待する」と答えた人は58%で、「期待しない」35%を上回った。

 「期待する」理由は、「橋下氏に期待できる」39%、「ほかの政党より良さそう」37%がほぼ並び、「政策が期待できる」は19%だった。


posted by キリン at 02:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

仙台市の課長級職員315万着服…市は告発へ

仙台市の課長級職員315万着服…市は告発へ

読売新聞 9月15日(土)13時33分配信

 仙台市は14日、市が事務局を担当する全国都市清掃会議東北地区協議会の運営費など約315万円を着服していたとして、課長級の男性職員(48)を懲戒処分にすることを明らかにした。

 職員は全額を弁済しているが、市は横領容疑で県警に告発する方針。

 市によると、職員は環境局に勤務していた2009年10月〜11年9月、34回にわたって上司の印鑑を無断で使い、協議会の口座から計315万3000円を不正に引き出していた。

 職員は、「通帳がなくなった」と上司に虚偽の報告をしたり、口座の取引明細を偽造したりして発覚を遅らせていたが、今年3月に、協議会の決算報告のための点検で不審点が見つかり、市が調査していた。

 職員は「車の購入代金などに充てた」などと話しているという。市は「公金の取り扱いに関して市民の信頼を損ない、猛省している。今後は適正な取り扱いに努めたい」としている。


posted by キリン at 14:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。