2012年09月23日

健診の偽医者、立件へ=板橋の病院、医師法違反容疑など―警視庁

健診の偽医者、立件へ=板橋の病院、医師法違反容疑など―警視庁

時事通信 9月23日(日)16時16分配信

 東京都板橋区の私立病院で、40代の男が医師に成り済まして健康診断をしていた問題で、警視庁生活環境課が、医師法違反や詐欺容疑などで男を立件する方針を固めたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。男は行方をくらましているという。
 捜査関係者などによると、男は2010〜11年、偽造された医師免許証のコピーを使い、病院の非常勤医師として問診や採血などを実施。報酬約300万円をだまし取った疑いが持たれている。
 病院側によると、男は人材紹介会社を通じて採用され、2年で約2300人の健診を担当した。 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。