2012年10月31日

石原新党との連携、感覚も世代も違う…橋下市長

石原新党との連携、感覚も世代も違う…橋下市長

読売新聞 10月31日(水)13時49分配信

 新党・日本維新の会代表の橋下徹大阪市長は31日、石原慎太郎東京都知事が近く旗揚げする「石原新党」との連携について、「難しい。石原氏個人とはやりたいが、(新党の母体となる)たちあがれ日本のメンバーとは感覚的にも世代的にも違う」と述べた。

 大阪市役所で記者団に語った。現状では次期衆院選での連携は困難との考えを示したもので、民主、自民両党に対抗する「第3極」結集の動きにも影響を与えそうだ。


posted by キリン at 14:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

橋下氏が消費税11%案…地方5%財政調整6%

橋下氏が消費税11%案…地方5%財政調整6%

読売新聞 10月31日(水)7時52分配信

 新党「日本維新の会」代表の橋下徹大阪市長は30日、次期衆院選の基本政策「維新八策」で主張している消費税の地方税化を巡り、消費税率を11%に引き上げれば、地方間の格差が生じない財政調整制度ができるとする私案を作成したことを明らかにした。

 橋下氏が具体的な消費税率に言及するのは初めて。

 橋下氏は、市役所で記者団に、「5%が地方の独自財源、6%が財政調整分で、(6%分を)しっかり配分すれば、現在の地方が受けている財源は保障される」と述べた。

 共同代表を務める「道州制推進知事・指定都市市長連合」(24道府県市)の次回会合で私案を提案し、議論するという。


posted by キリン at 08:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

原発事故時の被曝線量試算、また訂正…規制委

原発事故時の被曝線量試算、また訂正…規制委

読売新聞 10月29日(月)22時52分配信

 原子力規制委員会は29日、原発事故時に放射性物質が拡散する範囲を予測したシミュレーションの一部を訂正発表した。

 このシミュレーションで規制委が訂正したのは、2回目。

 訂正されたのは6原発に関するデータで、7日間の積算被曝(ひばく)線量が100ミリ・シーベルトに達する地点のうち、「原発から陸側最大距離の市町村」など。全原子炉の合計出力に応じた事故を想定した場合、柏崎刈羽原発では、最大距離の自治体は新潟県魚沼市から長岡市に訂正された。魚沼市までの距離は40・2キロではなく35・4キロとなった。志賀原発では、陸側最大距離の自治体が、石川県羽咋市ではなく中能登町に。敦賀原発は、滋賀県長浜市ではなく福井県敦賀市となった。

 玄海原発は佐賀県唐津市までの距離が27・5キロではなく27・4キロ。川内原発は、鹿児島県阿久根市までの距離が21・0キロではなく21・1キロとされた。


posted by キリン at 02:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

鳩山元首相、また問題発言?「尖閣は領土問題」

鳩山元首相、また問題発言?「尖閣は領土問題」

読売新聞 10月27日(土)22時7分配信

 民主党の鳩山元首相は27日、北海道苫小牧市で講演し、沖縄県の尖閣諸島を巡る中国との対立について、「領土問題ではないといくら言っても、世界に向けて日本は不利な立場に立たされている。領土問題は領土問題として議論を大いにし、日本の主権を主張していくべきだ」と述べた。領土問題は存在しないとする政府見解と食い違う発言だ。鳩山氏は党最高顧問に復帰しており、批判が出る可能性がある。


posted by キリン at 02:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

離島奪還訓練を断念…中国への配慮や沖縄反発で

離島奪還訓練を断念…中国への配慮や沖縄反発で

読売新聞 10月27日(土)13時3分配信

 日米両政府が、沖縄県の無人島で計画していた自衛隊と在日米軍による共同の離島奪還訓練を行わないことが分かった。地元自治体の反発や、尖閣諸島(沖縄県石垣市)を巡り悪化する日中関係などに配慮した。

 訓練は、敵に占拠された島に航空機の支援を受けた陸上自衛隊と在沖縄海兵隊が上陸するとの想定で、11月上〜中旬に予定する日米共同統合演習(実動演習)の一環として、那覇市から約60キロ西北の入砂島(いりすなじま)(渡名喜村(となきそん))で実施する方向で調整が進んでいた。しかし、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)への新型輸送機MV22オスプレイ配備や米海軍兵による集団強姦(ごうかん)致傷事件の影響で、沖縄県内で訓練に反発する声が強まった。渡名喜村も反対の意向を日本政府に伝えていた。日米両政府内にも「尖閣に近い沖縄での奪還訓練は中国を刺激しかねない」との慎重論があり、訓練は模擬演習にとどめる方向となった。


posted by キリン at 14:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。